ホーム > 三嶋大社のご婚礼

三嶋大社のご婚礼

イメージ画像

斎主の祝詞、三献の儀、誓いのことば、そして雅楽の調べ……
古式ゆかしく、とりおこなわれる神前での挙式は、二人の愛の絆を堅く深く結びあう婚礼の神事です。
緑の木立に囲まれた神殿へ、玉砂利を踏みしめて歩むとき、二人の心は厳かな思いに満たされます。

厳粛な三嶋大社での神前結婚式

ひろく「明神さま」の愛称で親しまれ、古くから、関東・東海の守り神である三嶋大社は、大山祇神と事代主神の二神をおまつりしています。
大山祇神は、日本で初めて結婚の道を教えられた伊邪那岐・伊邪那美のお子さまであり、事代主神は大国主神のお子さまで、共に結婚にゆかり深い神様です。
重要文化財の指定を受けた御社殿で、他の何処でも体験しえない本当の神前結婚式を行うことが出来ます。

神前挙式 式次第

一、 着 席
二、 修 祓 (おはらい)
三、 祝詞奏上 (のりとそうじょう)
四、 三献の儀 (さんこんのぎ)
「さかづきごと」は古来、縁を結ぶしきたとして欠かせない儀式です。特に夫婦契りの盃は、「三三九度の盃」といわれるほど幾重にも取り交わします。神前で新郎新婦が交互に御神酒を交わす、固めの盃。おふたりの心をより確かに結びつける粛な神事です。
五、 誓詞奉読 (せいしほうどく)
六、 神 楽 「祥鶴舞」
七、 玉串拝礼
八、 指輪交換(又は贈呈)
九、 親族盃の儀
十、 神札 並 記念品 の授与
十一、 退 出
イメージ画像

ページの上へ

お申込み方法

仮予約は1年前より受け付けます。
お電話・ご来社の上、お申込みください。ブライダルサロン様・式場様を通してのお申込みもできます。
また、祭事などでご予定の日時に挙式が行えない場合もございますので、早めのご連絡をお願いいたします。

ご予約の流れ

一、 婚礼の日取りをお考えの時にご一報いただき、仮予約をいたします。
お考えの日時と、お二人の氏名、連絡先をお知らせください。
二、 予定日の前の月、10日頃までに来社の上、挙式料を添えて正式に申し込みをお願いします。
三、 当日。式の前に事前に流れをご説明いたしますので、安心して式に臨んでいただきます。

挙式料

挙式料により、雅楽(生演奏・テープ演奏)、神楽の奉納が変わります。お気持ちでお決め下さい。

150,000円 (奏楽-雅楽・神楽 奉納)
130,000円 (奏楽-雅楽)
100,000円 (奏楽-テープ)

平成20年4月1日改正

ページの上へ

お問い合わせ

下記までお問い合わせ下さい。
なお、パンフレット等も準備しております。
また、式場の外からになりますが、実際の結婚式を見学することも可能です。

三嶋大社 祭儀課(さいぎか)
電話 : 055(975)0172 / 受付時間 : 午前9時~午後5時 ※休みはありません

ページの上へ