ご祈祷

ご祈祷

受付場所 客殿 祈祷受付所(境内のご案内で場所をご確認いただけます)
受付時間 午前8時30分頃~午後5時頃
お休み なし

※大晦日から元旦は、一番祈祷を含め、休みなく受付致します。

申込方法 祈祷受付所にて申込用紙に必要事項をご記入の上、
祈祷料を添えてお申し込みください。

※事前予約は承っておりません。

祈祷料 初宮詣・七五三詣 1件5,000円以上。
その他の願意 1件3,000円以上。
お気持ちにてお納めください。
所要時間 受付後、20分程度。
尚、祭典・日柄等によっては、多少遅くなる場合もございます。
余裕をもってお越しください。
祈願内容 家内安全、商売繁盛、交通安全、安産、初宮詣、七五三詣、厄除、開運、
病気平癒、合格祈願、良縁成就、その他
授与品 祈祷木札、御守、御神供、他(七五三は他に絵馬、千歳飴、記念メダル等)
  • 正月3ヶ日の自動車・バイクのお祓いは、交通安全の御祈願のみおこないます。車両のお祓いは1月4日以降におこないます。
  • 例祭期間(8/15・16・17)の自動車・バイクのお祓いは、交通安全の御祈願のみおこないます。車両のお祓いは8月18日以降におこないます。

団体参拝

申込方法 団体の場合は、事前にご連絡いただきますと、当日お待たせせずにお参りいただけます。
授与品 団体に対して、祈祷木札(団体名を記入)を授与する、又、参拝の全員に御守を授与する、等。
ご相談ください。

厄除け

厄除(やくよけ)とは、厄年にある人が、明日からの人生の開けることを祈るお祓いを受けることをいいます。
人の一生には、いくつかの盛衰の波がありますが、昔から厄年(やくどし)や八方塞(はっぽうふさがり)などに当たる年は、
特に注意すべき年とされてきました。

平成31 己亥年(つちのとい)八白土星 厄年 生年表男の大厄 女の大厄)

  後厄
(五黄土星)
本厄
(四緑木星)
前厄
(三碧木星)
年男 年女
(亥年生)
八方塞
(八白土星)
昭和 7年生
16年生
25年生
34年生
43年生
52年生
61年生
8年生
17年生
26年生
35年生
44年生
53年生
62年生
9年生
18年生
27年生
36年生
45年生
54年生
63年生
10年生
22年生
34年生
46年生
58年生
4年生
13年生
22年生
31年生
40年生
49年生
58年生
平成 7年生
16年生
25年生
8年生
17年生
26年生
9年生
18年生
27年生
7年生
19年生
31年生
4年生
13年生
22年生
31年生

新春祈祷

新春祈祷

今年が平安で明るい一年であるよう、祈る心は誰しも変わりません。三嶋大社では、家内安全、厄除、開運、商売繁盛、社運隆昌など新春の御祈祷を執り行っております。
新しい年に、新たなる御神威をいただかれ、心豊かに日々過ごされますよう御祈祷のご案内を申し上げます。
尚、正月元旦の御祈祷は、午前零時の開運祈祷祭にあわせ執り行っております一番祈祷より、お受けいただけます。

  • 正月3ヶ日の自動車・バイクのお祓いは、交通安全の御祈願のみおこないます。車両のお祓いは1月4日以降におこないます。

七五三祈祷

七五三祈祷

七五三は、一般に11月15日を中心に行われ、男女の別なく7歳・5歳・3歳の節目に、子供の成長を感謝し今後のすこやかな成長をお願いして神社に参拝します。

  • 11月上旬~下旬の土・日・祝祭日は大変混み合います。七五三祈祷は常時受け付けておりますので、ご都合の良い日を選んでお越し下さい。
  • 七五三の季節は、大社周辺の道路が大変混雑します(特に11月の土・日・祝日)。なるべく車を避けるか、近隣の市営・民間有料駐車場を利用されるほうが、早い場合があります。
なぜ 7歳・5歳・3歳 なの?

子供の成長にあわせて、それぞれの年にお祝いをしていたからです。

三歳 「髪置(かみおき)祝い」

男女とも、それまで剃って いた頭髪を伸ばし始める儀式

五歳 「袴着(はかまぎ)祝い」

男子が初めて袴を着用する儀式

七歳 「帯解(おびとき)祝い」

女子が着物の付帯を取り、大人 と同じく、帯を使い始める儀式

千歳飴はなぜ長い?

何で千歳飴はあんなに長いのでしょうか。
それは、まだまだ小さい子供達が、元気に成長して、長く生きてほしい、という願いが込められているからだと言われています。
それで引きずるほど長いのですね。
子を思う、親の心は今も昔も変わりません。
今年もまた、長い長い千歳飴を持った元気な子供達が、親の思いに包まれて三嶋大社にお参りをしています。

連絡先

三嶋大社社務所 
TEL : 055(975)0172055(975)0172 / 
FAX : 055(975)4476

PAGE TOP