ホーム > 御祈祷のご案内 > 七五三祈祷

七五三祈祷

七五三の御祈祷は常時行います。ご都合のよろしい日にお越し下さい。

七五三祈祷

七五三は、一般に11月15日を中心に行われ、男女の別なく 7歳・5歳・3歳の節目に、子供の成長を感謝し
今後のすこやかな成長をお願いして神社に参拝します。

七五三祈祷

受付場所 客殿 祈祷受付所 (境内のご案内で場所をご確認いただけます)
受付時間 午前8時30分頃~午後5時頃
休み なし
申込方法 祈祷受付所にて申込用紙に必要事項をご記入の上、
祈祷料を添えてお申し込みください。
※事前予約は承っておりません。
祈祷料 七五三詣 1件5,000円以上。
所要時間 受付後、20分程度
尚、祭典・日柄等によっては、多少遅くなる場合もございます。
余裕をもってお越しください。
授与品 祈祷木札、御守、絵馬、千歳飴、記念メダル 他
  • ※11月上旬~下旬の土・日・祝祭日は大変混み合います。七五三祈祷は常時受け付けておりますので、
    ご都合の良い日を選んでお越し下さい。
  • ※七五三の季節は、大社周辺の道路が大変混雑します(特に11月の土・日・祝日)。なるべく車を避けるか、
    近隣の市営・民間有料駐車場を利用されるほうが、早い場合があります。

なぜ 7歳・5歳・3歳 なの?

子供の成長にあわせて、それぞれの年にお祝いをしていたからです。

三歳 「髪置(かみおき)祝い」

男女とも、それまで剃って いた頭髪を伸ばし始める儀式

五歳 「袴着(はかまぎ)祝い」

男子が初めて袴を着用する儀式

七歳 「帯解(おびとき)祝い」

女子が着物の付帯を取り、大人 と同じく、帯を使い始める儀式

千歳飴はなぜ長い?

あれ?せっかくいただいた千歳飴を引きずっていますね。3歳のお子さんにはちょっと長すぎるようですが…。
何で千歳飴はあんなに長いのでしょうか。

それは、まだまだ小さい子供達が、元気に成長して、長く生きてほしい、という願いが込められているからだと言われています。
それで引きずるほど長いのですね。

子を思う、親の心は今も昔も変わりません。

今年もまた、長い長い千歳飴を持った元気な子供達が、親の思いに包まれて三嶋大社にお参りをしています。

千歳飴

ページの上へ