本殿(ほんでん)

本殿

慶応2年(1866)竣功。国指定重要文化財。
本殿・幣殿・拝殿、三つの建物が連なる複合社殿。
総けやき素木造りで、伊豆の名工小沢半兵衛・希道父子一派による彫刻は精緻で高い完成度。緒神事の他、正式参拝や御祈祷を執り行う。

舞殿(ぶでん)

舞殿

慶応3年(1867)竣功。三島市指定文化財。
年間を通じ様々な神事、奉納行事が執り行われる。
御殿と同じく小沢派による精緻な彫刻が施される。

神門(しんもん)

神門

慶応3年(1867)竣功。三島市指定文化財。
御殿・舞殿と同じく小沢派による精緻な彫刻が施される。

授与所(じゅよしょ)

授与所

神札・御守・縁起物・おみくじを授与する所。

金木犀(きんもくせい)

金木犀

国天然記念物指定。樹齢1200年と推定され、毎年9月上旬と下旬に2度満開を迎える。薄い黄色の可憐な花をつけ、甘い芳香が特徴です。

客殿(きゃくでん)

客殿

御祈祷、御朱印の受付をする所。

祓所神社(はらえどじんじゃ)

祓所神社

瀬織津姫神、速秋津姫神、気吹戸主神、速佐須良姫神の四柱の神をお祀りする。国司の廰が此の島に祓所大神を鎮斎し国司が三嶋大社参拝の折、国の卜部にお祓いをさせたのが祓所神社の起源と伝える。

神馬舎(しんめしゃ)

神馬舎

慶応四年(1868)竣功。古くから当社の神馬は毎朝神様を乗せて箱根山に登るという伝説が伝えられ、子供の成長と健脚を祈る風習がある。

腰掛け石(こしかけいし)

腰掛け石

源頼朝が源氏再興を祈願した際、腰を掛けて休息したと伝える石(左側)と北条政子が腰掛けたと伝える石(右側)。

矢田部盛治の像(やたべもりはるのぞう)

矢田部盛治の像

嘉永7年(1854)11月の東海大地震で倒壊した社殿を10年の歳月と16,677両という巨費を投じて見事に復興し明治維新は大総監宮の先導警護及び明治天皇の御通行警護を奉仕し祇園山復にトンネルを掘り上流から水を引いて祇園原の荒地15町歩余りお美田と化した住民の感謝敬慕の念により昭和29年建立された。作者は文化勲章受賞者澤田政廣。

伊豆魂神社(いずたまじんじゃ)

伊豆魂神社

伊豆の出身で、西南の役以後に出征し戦没された方々をお祀りする。

宝物館(ほうもつかん)

宝物館

三嶋大社に伝わる御神宝、文書、資料など多数保管、展示。
北条政子奉納の国宝『梅蒔絵手箱』は、模造復元品を常設で展示している。

神鹿園(しんろくえん)

神鹿園

大正8年(1919)、奈良の春日大社より雄雌8頭の鹿を譲り受けた。毎年3月22日、神鹿記念祭を斎行している。

芸能殿(げいのうでん)

芸能殿

旧総門。昭和8年(1930)北伊豆地震により倒壊した後、芸能殿として現在の場所に移築された。例祭の神賑行事や年間を通じ様々な奉納芸能が行われる。

総門(そうもん)

総門

昭和5年(1930)北伊豆地震で被災し、翌年に竣功。
三島市指定文化財。総門の注連縄は、重さ400kg、太さ2m、長さ6.4mもある。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)

厳島神社

市杵嶋姫命をお祀りし、北条政子が勧請したとされる神社。安産・裁縫上達の信仰があり、辨天様とも称され芸事上達の信仰もある。

神池(しんち)

神池

古くは源頼朝が放生会を行ったと伝える。

相生の松(あいおいのまつ)

相生の松

源頼朝が源氏再興を祈願した際、側近の安達藤九郎がこの地で警護をしていたと伝える。

たたり石(たたりいし)

たたり石

東海道と下田街道の真ん中にあり、交通整理の役目を果たした石。約2900年前の富士山噴火により運ばれたと石とされる。

大社のよりどころ(たいしゃのよりどころ)

お土産を販売。福太郎茶屋では、縁起餅「福太郎餅」をお召し上がり頂けます。

PAGE TOP