ホーム > 境内のご案内 > 舞殿

舞殿

御殿の手前、舞殿には、「二十四孝」という中国に伝わる親孝行のお話を題材にした彫刻が巡らされています。この二十四孝というのは、今からおよそ700年ほど前、中国の元の時代に郭居業(かくきょぎょう)がまとめた物語です。

「欄間」と、その上の「小壁」に1話ずつ。1面に3組6話を配し、四方で24話が彫られています。

東北より、東面、南面(正面)、西面、北面の順に時計回りでお話をいたします。

「東面 右の彫刻」
「東面 中央の彫刻」
「東面 左の彫刻」
「正面 右の彫刻」
「正面 中央の彫刻」
「正面 左の彫刻」
「西面 右の彫刻」
「西面 中央の彫刻」
「西面 左の彫刻」
「北面 右の彫刻」
「北面 中央の彫刻」
「北面 左の彫刻」

ページの上へ