ホーム > 境内のご案内 > 伊豆魂神社

伊豆魂神社

三嶋大社の神域の中に、末社 伊豆魂神社(いづたまじんじゃ)が鎮座しています。大社の杜に囲まれたこの社には、伊豆一円の戦没者の御霊2375柱をお祀りしています。

戦没者への慰霊と感謝の心を捧げ、平和を祈る慰霊祭は、戦後、三島では、昭和23年11月18日が最初の祭となります。
このときは、宝物館前に臨時に斎場を設け、遺族・関係者約700名の参列のもと約1時間半にわたって行われ、続いて余興が行われています。
これ以降、宝物館前・劇場・公会堂等に於いて毎年行われていましたが、遺族・関係者から大社境内に「伊豆魂神社」建設を、との要望が強くなり、昭和42年11月3日、戦後20年余を経て伊豆魂神社本殿が竣工、同日夜、浄暗の中厳粛に鎮座際が斎行され、翌4日に例祭が斎行されました。この11月4日は、現在でも伊豆魂神社例祭日となっています。
その後、昭和51年に拝殿が竣工し今日に至っています。

~ 伊豆魂神社例祭 ~
11月4日午前10時、英霊に対する感謝の念と、平和への願いを込めて、伊豆魂神社例祭が斎行されます。
第1回の慰霊祭と同様に、祭典の後は余興等で英霊をお慰めし、遺族の方々にもゆったりとした一日を過ごしていただいています。

ページの上へ