ホーム > 宝物館 > 三嶋大社収蔵宝物・文化財 > 脇指 銘 相模国住秋義(さがみのくにじゅう あきよし)

脇指 銘 相模国住秋義(さがみのくにじゅう あきよし)

脇指 銘 相模国住秋義(さがみのくにじゅう あきよし)

脇指 「銘 相模国住秋義」
写真は表の様子。平造りの刀身に浅い樋が穿たれ、小さな宝珠が細工されいてる。

データ

指  定 重要文化財
指定日 昭和25年8月29日
時  代 南北朝時代
種  類 刀剣 脇指
銘「相模國住秋義/伊豆三島大明神奉拝 佐藤松千代貞成」

解説

銘によって、佐藤貞成という人物から三嶋大社に奉納されたことがわかります。表が平造り、裏が菖蒲造りの珍しい形状。地肌は板目が流れ、刃文は表がのたれに丁字混じり、裏は皆焼風に煮え崩れ、帽子は深く焼き下げています。相模國の刀工秋義は、現存する作刀例が少なく、貴重な一品です。

ページの上へ